資格は就職活動に必要?!

ここ数年、日本では通信教育や学校を経て様々な資格を取得するという、ちょっとしたブームが起きています。しかし、とある転職エージェントが求人の採用条件に資格所持を求めている企業割合を調べた所、
・資格は絶対に必要…15%
・あれば尚可…8%
・有無を問わない…77%
という意外な結果があらわれました。そして、その一方で異業種であっても何らかの職務経験があるかを求める求人の割合を見てみると、
・なんらかの経験が必要…85%
・経験不問…15%
と、圧倒的に資格よりも職務経験があるかどうかの方が必要とされる事が分かるのではないでしょうか。
この事からも、もちろん資格を持っている事は何らかの効用があるとはいえ、その企業にとって実用性がなければアピールになりにくい事が分かります。特に、趣味をそのまま活かしたいという思いを持つ人が多い事から、あまり職業には関係のないユニークなものも幅広くあります。そこで、その職業にとっては実用性がないと感じるのならば、アピールするのは控えた方がいいといえるでしょう。
では、万能に実用性がある資格とは、一体何なのか気になる方も多いと思います。やはり、医師・看護師・弁護士といった資格は、その仕事に就きたいと思うのならば絶対必要です。特に、最近は介護関係が必須資格で人気があります。このほかには、PCやタブレッドといった機器の専門資格があるといいようです。情報処理資格などは何にでも役立てられます。そして英検。グローバル化が進んできている証拠であるといえるので、いつ何時外国人と接してもいいよう日常会話くらいは出来ていて損はないようです。
何はともあれ、大事なのは自身にとってどれだけプラスになるかという事だと思います。やりたいだけでなく、最も自身の夢を叶える方法に近いものを取得するといいでしょう。