転職活動

日本は外国に比べて基本的に年功序列制なので、同じ職場に長くいたほうが給料も地位も上がります。そのため、転職することに対してあまりいいイメージはありませんでしたが、最近ではIT業界などを中心に転職をする人が多くなってきています。年功序列制ではなく、能力さえあれば年齢は関係ないという風潮が広まってきているのでしょう。公務員や大企業などはまだまだ年功序列制なのでそういった雰囲気はないでしょうが、ベンチャー企業はそれが当たり前です。転職する動機としては、自分のキャリアアップやスキルアップをしたいというものがほとんどではないでしょうか。今の会社で通用する自分が、他ではどうなのかを知りたい・評価をしてほしい・目安がほしいと思うのは当たり前なことです。しかし、ただ単に評価が欲しいという動機だけでは、転職活動は続きません。自分で求人サイトにアクセスして情報を収集し行動するということは、在職中にやるには中々の手間になります。転職サイトなども今は充実していますが、結局自分が強く動機を持って行動しなければなりません。また、転職は自分が一番価値のある時期にしなければなりません。そのため、その時期の見極めも必要です。野菜や果物でも、新鮮な時期に売りだされていた方がよく売れます。人材が欲しいと思っている企業も同じで、一番能力的に高いまたはそのときに流行っている事業に生かせそうな人材を欲しがります。転職を機に年収アップを実現した人の多くが、20代後半に転職活動をしています。やはり、そのくらいの年代が一番働き盛りで精力的だと言えます。